top of page

material for material

material    : iron plate , iron oxide 

technique  : painteing

concept

「鉄とベンガラ

地球上の鉄の起源のひとつとして、遡ること始生代、まだ酸素のない地球での話。
長い間降り注いだ酸性雨が海をつくり、海中には海底​火山から噴き出た溶岩と​地表から流れ出た大量の鉄分が溶け込んだ。やがて海中に光合成をするバクテリアがうまれ、酸素をつくり出し、溶解した鉄は酸化し海底へと沈殿していった。堆積した酸化鉄は層となり縞状の鉄鉱床を形成し、約20億年という時を経て地球上に大規模な鉄資源がつくり出された。
現代まで製鉄の原料である多くの鉄鉱石は、この縞状鉄鉱床から採掘されている。

この鉱床から採れる赤鉄鉱(酸化鉄)は、人類がはじめて利用した有色顔料といわれるベンガラの原料でもある。鉄鋼の資源として利用される以前から酸化鉄は素材として、洞窟壁画、石器や土器、古墳など古くから生活文化に取り入れられていた。無機顔料のベンガラは様々な耐性があることから、当時の生活文化の記録材料としても優れ、また地球の歴史を記憶した材料の一つである。

本作品は、その同一の原料「酸化鉄」から成る鉄板とベンガラにより画面を作り出している。

素材に素材を重ねていく、その作業は日常のあらゆる物事を通し行われ、身近に見る風景もその一つといえる。人々の営みの中で素材は循環し時を超えて交じり合う。「material for material」、素材の根源を辿り地球上におこる偶然性と必然性、そこにみる強さや美しさを写していく。

bottom of page