concept

鉄は朽ちればやがては土に還る。
そのサイクルからは、素材としての姿とはまた別に自然界という大きな括りの中で私たちとの密接な関係性がみえてくる。

無数の落ち葉と枝で埋め尽くされた森林土壌。樹木は生命の維持の為に葉を落とし、堆積した枝葉は枯れて朽ち、やがて腐葉土となってまた森の栄養となる。そこには自然物としての鉄の姿がある。

微生物や有機酸により重要な養分となった土壌内の鉄は、森から川へ海へ、そこにいる生き物たち、そして私たちの身体にも巡る。

自然循環という大きなサイクルの中で、あらゆる形で生命を支え人々の生きる環境をつくっている。

豊かな森は豊かな海をつくる。シンプルであたり前にも思える関係は、あらゆる条件の上に成り立っている。
そこには目に見えないものの作用が多く働き、様々な命が支え合い、また私たちがその中で生かされている事を知る。

「生命について考える」その普遍的なテーマを根底に、この作品では鉄という素材を一つの入口とし、人と素材、それは人と自然という関係性に繋がる事を伝えていく。